自動車保険は法律で決められている自賠責だけでは、万が一の際の補償金額がまかなえないことも。自分で加入できる任意保険の加入は大切なことです。

何を守る?何で守る?〜家族を守る保険の話
Search

Yahoo! JAPAN

What's New
Social
このエントリーをはてなブックマークに追加
何を守る?何で守る?〜家族を守る保険の話

自分だけではなく、他人にも補償をする

PAGETITLE
自動車保険とは、基本的に2種類あります。
1つは、法律によって加入が定められている「自動車損害賠償責任保険」。
いわゆる「自賠責」と呼ばれている保険で、もし事故を起こし生命や身体を害し、損害補償を負担することになった際、それを補償することが法律で決められているので、すべての車やバイクの持ち主は、絶対に加入しなければならないもの。
もし未加入であることがわかると、厳しい罰則が課せられます。
そして、もう一つは、自分で加入する「任意保険」。
「自賠責」は加入することが当たり前なので、一般的に自動車保険と言う場合は、この任意保険を指すことも多いようです。

自賠責だけではだめなの?
と思う人もいると思いますが、自賠責の保険金だけでは、死亡やケガをさせた被害者に対する金額が足りないことがほとんど。
例えば、もし車を運転していて事故を起こして、相手を死亡させたり、重い後遺症が残る怪我をさせてしまった場合、賠償金は1〜2億円になってしまうこともあります。
自賠責では、1つの事故で1名につき3000万円(死亡の場合)が最高金額なので、余程たくさんの預貯金や財産を持っている人でもない限り支払いをすることが不可能になってしまいます。
また自賠責の場合は、あくまでも対象になるのは「人」なので、もし公共物や、相手と自分の車を破壊しても保険金は払ってはもらえません。
そのためにも任意の保険に加入しておくことは、他の人のためにも自分のためにも必要になるのです。

この任意保険は、「賠償責任保険」、「障害保険」、「車両保険」の3種類に分かれています。
賠償責任保険は、先方の「人」や「物」に対する保険。
人をケガさせたり、死亡させた時の対人賠償保険と、他人の車、家などを壊した際の対物賠償保険があります。
障害保険とは、運転者である自分と同乗者に対する保険。
自分も同乗者もケガをしたり、死亡した場合に保険金が支払われる保険です。

運転者と同乗者すべてが対象の搭乗者障害保険、被害は自分だけの単独事故の際の自損事故保険、相手が賠償金の支払い能力がない場合に適応する無保険者傷害保険、自分の過失も含め、治療費を全額まかなってもらえる人身傷害補償保険があります。
車両保険は自分の自動車にかける保険のこと。
車が破損した場合に修理代金などを支払ってもらえます。
自分にとって必要な保障内容は、運転のキャリアや自動車の使用状況などによっても変わってくるものなので、じっくりと考え負担できる金額の自動車保険に加入したほうが良いでしょう。
Copyright (C)2017何を守る?何で守る?〜家族を守る保険の話.All rights reserved.