学資保険とは、基本的には、子供が大きくなるまでにかかる様々な教育費用などを保証するもので、貯蓄と比較するとメリット、デメリットが両方あります。

何を守る?何で守る?〜家族を守る保険の話
Search

Yahoo! JAPAN

What's New
Social
このエントリーをはてなブックマークに追加
何を守る?何で守る?〜家族を守る保険の話

お金のかかる子供の教育費用に備える

PAGETITLE
結婚すると、独身の頃には興味がなかった保険に目覚めるものです。

やはり家族ができると、守らなければならないものがたくさんできるので、将来のことが明確に目の前に見えて来るからでしょう。
中でも生命保険や医療保険は、将来のいざという時に備えて加入する人は多いものです。

そして子供ができた時のことを考えて加入するのが「学資保険」です。

学資保険とは、基本的には、子供が大きくなるまでにかかる様々な教育費用などを保証するものです。

保険料をきちんと支払っていれば、満期時(17歳・18歳など)に満期保険金が受け取れる子供の将来の教育資金のための保険と考えて下さい。
また学資保険の場合、もし契約期間途中に契約者である親が死亡した場合、それ以降の保険料の支払いは免除、満期保険金も全額受け取れます。
さらに満期保険金以外にも育英年金が受け取れたり、子供が病気になった時には医療費や死亡給付金も出るものもあります。
ただし内容が充実している保険の場合、満期時に受け取った満期保険金が元本割れするケースもあるので要注意です。

「自分達で貯金をしておけばまかなえるのでは??高利回りの金融商品を運用したほうがお得なのではという声もありますが、両方を比較するとそれぞれにメリットとデメリットがあります。
学資保険のメリットとしては、毎月定額の引き落としなので、計画的に準備をすることができわかりやすい。
普通貯金と比較すると利回りが良い。
生命保険料控除や一時所得など税制が期待できる、払込の免除や育英年金などの保障が付帯している…などがあります。
そして預貯金の場合は、換金性の高さ(いつでも自由に引き出せる)、インフレに対応できる変動金利であるということです。

また、学資保険のデメリットとしては、契約している年数によっては、元本が欠損する場合もあるなど、換金性が低いこと、固定金利なのでインフレには対応していないことが挙げられます。
預貯金の場合のデメリットとしては、突然の出費などによって積立金額が変わってしまうこともあり、親子のどちらかが死亡しても医療保障のないこと、金利が低いことなどが挙げられます。
つまり学資保険の場合、自由度は低いのですが、リターンは大きいのがメリット。
どうしてもお金が貯まるとすぐ使ってしまう…という貯金に自身がない人の場合は、毎月確実に引き落とされる学資保険のほうが確実に備えられると思います。
学資保険、預貯金などの金融商品にしても、準備は早めに始めることが肝心。
産まれてから歳月を経るごとに負担する金額は大きくなってしまいます。
Copyright (C)2017何を守る?何で守る?〜家族を守る保険の話.All rights reserved.