日本人の死亡原因の1位になっているがん。将来のがんに備えて、がんに特化しているのががん保険で、様々な保障内容のものが揃っています。

何を守る?何で守る?〜家族を守る保険の話
Search

Yahoo! JAPAN

What's New
Social
このエントリーをはてなブックマークに追加
何を守る?何で守る?〜家族を守る保険の話

日本人の死亡原因の1位!がんに備える保険

PAGETITLE
日本人の死亡原因の1位になっているのが悪性新生物、いわゆる「がん」です。

ひとくちにがんと言っても、その種類は様々で内臓のがん、皮膚や子宮や卵巣のがん、血液のがん、脳のがんなどがあり、その部位進行状況によって治療方法も異なります。
放射線治療、抗がん剤など色々な治療や手術により、完治する人もいれば、亡くなる人もいて、治療や入院でかなりお金もかかってしまう病気です。

罹患率の高いがんという病気と戦うために、がん保険に加入する人も年々増加しています。
がん保険とは「がんのみを対象に保障する」保険で、4つの項目が保障の対象となっています。
それは(1)がんと診断された時に給付される「診断給付金」。
(2)がん治療のために入院した時に給付される「入院給付金」。
(3)がんで所定の手術をした際に給付される「手術給付金」。
(4)抗がん剤治療などで通院する時に給付される「通院給付金」の以上です。

平成18年に「がん対策基本法」ができ、患者さんの意向が治療に反映することになったので、治療方法も多岐に渡るようになり、そのためにがん保険も多様化してきました。

入院や手術、通院だけではなく、終末期医療の際に緩和ケアを受ける際の「緩和ケア給付金」や、先進医療を受ける際の「先進医療給付金」、後遺障害になった際の「後遺障害給付金」、自由診療を受けた際のかかった費用の保険金などが受けられる医療保険もあります。
どの程度までの保障が必要か、自分で明確にしてから加入する医療保険を考えたほうが良いでしょう。
また、がん保険と医療保険の違うところは、医療保険の場合は、「1回の入院限度日数」と「通算限度日数」により、入院給付金の支払日数があること。
入院と入院の間のインターバルが所定日数経過していないと1回の入院と見なされ、入院給付金を支払ってもらえない場合があるのですが、がんは入退院を繰り返すことも多い病気なので、入院給付金の支払い限度日数に「制限がない」のがメリットです。

再発で治療が長引いたり、抗がん剤や放射線治療を通院で行う場合、医療保険では対応できなくなる場合もあるので、がんが心配な人には医療保険とがん保険の併用がおすすめです。

ただし、「がんかも知れない」という自覚症状がある人が、病院に行く前に駆け込み加入を防ぐために、保険会社によっても期間は異なりますが、契約をしてから最低でも3ヶ月は経過しないと、がんということがわかっても保障を受けることはできないので注意して下さい。
Copyright (C)2017何を守る?何で守る?〜家族を守る保険の話.All rights reserved.