もし病気やケガで入院、手術をする際に、給付金がでるのが医療保険。お金のことで心配する必要がないので、家族に負担をかけることもなく、安心して治療に専念することができますか。

何を守る?何で守る?〜家族を守る保険の話
Search

Yahoo! JAPAN

What's New
Social
このエントリーをはてなブックマークに追加
何を守る?何で守る?〜家族を守る保険の話

病気やケガの治療や、入院の際に保障

PAGETITLE
医療保険とは、どのような保険のことを指すのでしょうか。
私達は病気をしたり、ケガをして病院にかかり治療をしてもらう時には、会社員の人は企業が加入している健康保険証を、自営業などの人は国民健康保険証など国が行っている健康保険証を提出します。
それによって、治療費や薬代が全額負担にならず、安い金額で医療を受けることができます。
でも、治療の内容などによっては、この公的な保険が適用されないこともあります。
その際に保障をするのが民間の「医療保険」です。

医療保険は、基本的には治療を目的とした病気やけがの入院の費用を保障」するものです。

でも最近では色々と保障の内容を広げた医療保険も数多く登場しています。
例えば、手術費用や、退院した後に病院に治療のために通う際の通院費用、退院費用、診断費用など。
その保険会社や、商品によって様々な違いがあります。
ただし、美容整形や、人間ドックなどの検査入院には適用することができません。
病気やケガで入院してしまうと、部屋代などがかかってしまい、いったい退院までにいくらお金がかかるのかハラハラしてしまうものですが、医療保険に加入していればいざという時には入院給付金がでるので、お金の心配をすることなく治療に専念することができますし、家族に経済的な負担をかける心配もありません。
入院給付金が、支払いの限度日数が決められています。
「支払い限度日数」が長く設定されている医療保険ほど、当然、月々の保険料は高くなります。
医療保険は、各保険会社やその商品によって契約内容が異なり、その約款に基づいてお金を支払ってもらえるので、契約の際には細かな文字が書かれているので面倒ですが、じっくりと熟読して納得をしてから契約をするようにしましょう。
特に確認しておきたいのは免責事項。
ここに「支払い対象とする手術の中に書いていない手術を受けたので給付金がでなかった」、「給付金は2日以上の入院からで、1日目から」と書いてあり、初日の入院費用の分はでなかった」…などのケースはままあるものです。

候補に選んだ医療保険の保障内容が、どのようなケースなら保障をしてくれるのかは大切なこと。
勘違いのないようにじっくりと読んで下さい。
また、自分で望めば、死亡保障、先進医療保障、特別疾病などのオプションを付けることのできる商品も色々あります。
どのような内容の保障を求めたいかをはっきりさせ、月々の支払い金額が家計の負担にならないような保険を選ぶようにして下さい。

オススメワード

Copyright (C)2017何を守る?何で守る?〜家族を守る保険の話.All rights reserved.